Fisher

いろんな人がいて、いろんな本を読んでいる。コーヒーと夜の散歩と伊藤計劃がだいすきな25才が、 あんな本や、こんな本を、紹介します。

MENU

わたしたちはみんな消えてしまうのかなあ 「世界から猫が消えたなら/川村元気」

 

「この世界から何かを消す。その代わりにあなたは一日だけ命を得る」

 

郵便配達員の僕はある日とつぜん、余命を宣告されます。すると同時に悪魔のアロハが現れて、取引を持ち掛けてきます。

 

電話が消える。僕らはもう話せない。

映画が消える。僕のエンドロールのそのあとも、僕はだれかの記憶の中で生き続けられる、ほんとうに?

時計が消える。猫が消える。僕が消える。

 

これは物語です。

教科書じゃない、解答でも指南書でもない、ひとりの人間の、ひとつの人生の物語。

 

「私、悲しい結末の映画を観ると、必ずもう一回観直すことにしているの。なぜだか分かる?」

その質問の答え。それだけはよく覚えていた。

ブエノスアイレスからの帰りの飛行機で、僕がずっと願っていたこと。彼女と別れた後も、しばらくのあいだずっと願っていたこと。

「分かるよ」

「じゃあ教えて」

「……ひょっとしたら今度はハッピーエンドになるかもしれないと思うから」

 

消えちゃうってことが、いつまでも、わたしたちには分からない。たぶん、ずっと分からない。

 

ひとは、ちょっとだけ便利にできていて、それは、後ろ歩きよりも、前を向いて歩くことがじょうずだということ。

おなじ小ささなら、悲しみよりも、喜びを、見つけてしまうということ。

死ぬことよりも、いま生きていることに、囚われるということ。

 

あなたはこの物語を、再読したと思いますか。それはいつですか。

 

文章、構成、整った一冊。

プレゼントにもよさそうです。

 

注意 単行本をおすすめします。カバーをめくってみてください。 

 

世界から猫が消えたなら

世界から猫が消えたなら

 

 

あわせて読みませんか 

 

ひとはどこかで生きている。現代国語の教科書にも採用されています。

村上龍料理小説集 講談社文庫

村上龍料理小説集 講談社文庫

 

駅長には駅長の仕事があるのです 「一番線に謎が到着します 若き鉄道員・夏目壮太の日常/二宮敦人」

 

郊外を走る蛍川鉄道の藤乃沢駅。若き鉄道員・夏目壮太の日常は、重大な忘れ物や幽霊の噂などで目まぐるしい。半人前だが冷静沈着な壮太は、個性的な同僚たちと次々にトラブルを解決。そんなある日、大雪で車両が孤立。老人や病人も乗せた車内は冷蔵庫のように冷えていく。

 

消えたブリーフケース、宣言通り幽霊になった? お爺さんと、いないはずの駅長。

藤乃沢駅と、駅を利用するひとびとをめぐる、連作ミステリです。

 

「それは良かったです。少しお待ちください。道を切り開きます」

 

わたしにもわたしの仕事がある、きっと。

 

現実に根ざした物語もこころをゆさぶります。

だけどたまには、希望がたっぷり詰まった、「ああ、よかった」って笑って言える物語も、読んでみませんか。

 

謎はすべて解決します。安心して、どきどきしてください。

 

 

あわせて読みませんか

 

詩文に彩られる日常。どんな気分の日にもきっと読める、やさしい文章と写真です。

猫のお化けは怖くない

猫のお化けは怖くない