Fisher

いろんな人がいて、いろんな本を読んでいる。コーヒーと夜の散歩と伊藤計劃がだいすきな25才が、 あんな本や、こんな本を、紹介します。

MENU

映画-雨の日の映画館

雨の日の映画館

はじめまして。 あなたはだあれ。 わたしがわたしというとき、それはあなたということ。 わたしがわたしたちというとき、それはわたしたちのこと、物語のこと。 映画は映画、詩は詩だとおもっている。絵は絵で、短歌はちょっと絵だけれどいちおう短歌、そん…