Fisher

いろんな人がいて、いろんな本を読んでいる。コーヒーと夜の散歩と伊藤計劃がだいすきな25才が、 あんな本や、こんな本を、紹介します。

MENU

本-メディアワークス

逃げ道をみつけられるひとになってください 「ちょっと今から仕事やめてくる/北川恵海」

この優しい物語をすべての働くひとたちに 勤務時間が長いから、営業が取れないから、上司の理解がないから、だから仕事はつらいのでしょうか。 わからないのです。 つらくない状態を知らないから、なにがつらいのかも、わたしたちにはわからない。 そもそも…

だれにも代りはつとまらない 「座敷童の代理人/仁科裕貴」

作家として人生崖っぷちな妖怪小説家・緒方司貴(おがたしき)が訪れたのは、妖怪と縁深い遠野の旅館「迷家壮」(まよいがそう)。座敷童がいるという噂の旅館に起死回生のネタ探しに来たはずだが、なぜか「座敷童子の代理人」として旅館に集まる妖怪たちの…

遮断されていく現実 「探偵・日暮旅人の探し物/山口幸三郎」

保育士の山川陽子(やまかわようこ)はある日、保護者の迎えが遅い園児・百代灯衣(ももしろてい)を自宅まで送り届ける。灯衣の自宅は治安の悪い繁華街にあり、日暮旅人と名乗る灯衣の父親は探し物専門の奇妙な探偵事務所を営んでいた。 澄んだ目をした旅人…

ひとの代りにはなれない。思いの代りにはなれますか 「お待ちしています 下町和菓子 栗丸堂/似鳥航一」

和菓子の味わいは心にもやさしい 浅草の一角にある和菓子兼甘味処『栗丸堂』。 死んだ両親の和菓子店を継いだ栗田は、日々腕を磨き、従業員や、地域のお得意さんとともに、なんとか切り盛りしています。 見た目はそっくりおなじに作れる、みんな、美味しいっ…

わたしたちはだれだかわからない 「残念ねーちゃんの捜索願い/佐原菜月」

残念な姉に取り憑く謎の声!? 非日常的コメディサスペンス! 声になったオッサンは、幽霊か、はたまた幻想、二重人格? 手がかりゼロの状態から、取り憑かれた姉の利津(りつ)と、弟の楽人は調査を開始します。やがてある男の死体が発見され、幽霊の正体がす…

失敗したくない、だれでも、もうにどと 「化け猫島幽霊分校の卒業式/上野遊」

猫の島で僕は、『幽霊の子供達の先生』になった。 ある事件を起こしてしまい、教職を退いていた青年が、天国に旅立てない子供達の先生になるお話です。 ステレオタイプの物語ではありますが、教職時代の事件や、子供達の死因、島でゆいいつの巫女など、ひや…