Fisher

いろんな人がいて、いろんな本を読んでいる。コーヒーと夜の散歩と伊藤計劃がだいすきな25才が、 あんな本や、こんな本を、紹介します。

MENU

本-文藝春秋

わらって話せば笑い話 「生きるコント/大宮エリ―」

うちのおとんは、かなり古風な人間で、わたしが大学に行くこと自体、反対だった。 「大学になんか行かなくていい。花嫁修業をしろ」 時代錯誤もいいところである。東大を受験すると言うと、おとんは失神しそうになりながら叫んだ。 「お前、そんなことしたら…