Fisher

いろんな人がいて、いろんな本を読んでいる。コーヒーと夜の散歩と伊藤計劃がだいすきな25才が、 あんな本や、こんな本を、紹介します。

MENU

本-東京創元社

ほかに道はないように思えたのです 「慟哭/貫井徳郎」

痛ましい幼女誘拐事件の続発。難航する捜査。その責めを負って冷徹な捜査一課長も窮地に立たされた。若手キャリアの課長をめぐる警察内の不協和音、マスコミによる私生活追及。この緊迫した状況下で、新しい展開は始まった! 作品は、事件を追う警察と、正体…

きみに幸あれ! 「タルト・タタンの夢/近藤史恵」

カウンター七席、テーブル五つ。下町の片隅にある小さなフレンチ・レストラン、ビストロ・パ・マル。シェフ三舟は、フランスの田舎のオーベルジュやレストランを転々として修行してきた変人。無精髭を生やし、髪を後ろで束ねた無口なシェフの料理は、気取ら…