Fisher

いろんな人がいて、いろんな本を読んでいる。コーヒーと夜の散歩と伊藤計劃がだいすきな25才が、 あんな本や、こんな本を、紹介します。

MENU

本-角川書店

わたしはどうすればわたしになれますか 「少女七竈と七人の可愛そうな大人/桜庭一樹」

「雪風」 「七竈」 「雪風」 「七竈」 「雪風」 「七竈」 わたしたちはたがいの名前を呼びあった。いつのまにか背後に父はいず、薄暗い部屋には代わりに、雪風の弟妹があふれて、走ったり泣いたり笑ったりしはじめた。七歳から十一歳までの、たくさんの弟妹…

この痛みをあなたは知らない 「星やどりの声/朝井リョウ」

そのあと父は、「星やどり」の意味をわかりやすく説明してくれた。雨から身を守ることを雨やどりというだろう。ここは満天の星が落ちてこないようにする「星やどり」だ。 亡き父が遺した喫茶店とビーフシチュー。母と六人の子供たちは、それぞれ、愛する人の…

もうめまいは起きている 「推定少女/桜庭一樹」

最近の子はみんな殺人鬼。 ぼくはもう、家に帰って、話を聞いて下さいじつはこうなんです、などと説明する自信がなかった。逃げよう、とばかり思っていた。 逃げ込んだダストシュートの中で、全裸の美少女を見つけます。 「白雪」と名前をつけて、逃走仲間に…