Fisher

いろんな人がいて、いろんな本を読んでいる。コーヒーと夜の散歩と伊藤計劃がだいすきな25才が、 あんな本や、こんな本を、紹介します。

MENU

二時間きっかりでよみきれば 「仮面病棟/知念実希人」

 

療養型病院に強盗犯が籠城し、自らが撃った女の治療を要求した。事件に巻き込まれた外科医・速水秀悟は女を治療し、脱出を試みるうち、病院に隠された秘密を知る――。

 

ラバー製のグロテスクなピエロのマスクを被った立てこもり犯。身寄りのない患者ばかり収容する病院、挙動の怪しい院長。

犯行に巻き込まれた視点は秀悟から、医療現場をしらない視点は愛美から、読者は知ることができます。

 

犯人と病院というふたつの謎が猛スピードで露呈していくさまは、映画を観ているようです。

 

そして、沈黙が訪れた。

 

ポップコーン片手に。

 

それがきっと、いちばん向いている本書の読み方です。

エンターテインメントとしてお楽しみください。

 

仮面病棟 (実業之日本社文庫)
 

 

あわせて読みませんか

 

恋しても恋してもひとり? うそと愛と成長の物語です。 

陽だまりの彼女 (新潮文庫)

陽だまりの彼女 (新潮文庫)